超低価格TOEIC教材
今、TOEIC受験者の中で評判になっている、ある教材あります。 ネットでもあちこち紹介されているのですが、TOEICスクールが 提供している、5日で150点 TOEICスコアを無理やり上げる... という教材とサービスが、たった数千円で受けられるというのです。

2011年10月27日

TOEFL独学勉強方法

独学で何かを勉強しようとする時に必要になるのが
モティベーションの維持ではないでしょうか?

モティベーションが低いと勉強に集中できなくなりハイスコアは望めません。

モティベーションを維持するのは、あなたの夢、その夢の大きさなのです。

夢に向かって歩むのであれば、モティベーションは維持できるでしょう。

では、TOEFLの独学での勉強方法についてお話しします。

TOEFLの試験を受けようと決心するまでには、
何らかの目的があって皆さん試験を受けようと決意されていると思います。

例えば、これから留学したかったり、
就職するのにTOEFLが必要だったり、目的は様々でしょう。

試験を受けるとなったら、重要なポイントが勉強方法です。

学校や予備校に通って勉強をするのか、
もしくは、独学で地道に勉強をしていくのか決断しなくてはいけません。

目標のスコアにいち早く到達するためには、
やはり出題傾向や時間配分などの試験対策も指導してくれるような
予備校や講座に通った方が効率が良いでしょう。

独学ですと、上記のような出題傾向だったり、
問題形式やどんな解答が必要とされているかなど、
初めから自分1人で調べて準備していかなくてはなりません。

このように事前準備などのことも考えると、
独学では時間がかかり過ぎてしまうように思います。

しかし、授業料のことを考えると、
どこの学校も講座も決して安い金額ではないので悩んでしまいますよね。

でも、最初の1ヶ月だけでも学校などに通ってみるのはどうでしょうか?

多少お金はかかってしまいますが、
きっとスコアを伸ばすコツや勉強の仕方を少しでも身に付けることが出来るはずです。

例えば、スピーキングやライティングの解答雛形やリスニングを
正確に聞き取るためのポイントなど、学校でないと教えてくれないような
試験対策も知ることが出来ます。

授業料を払えば、払った分の知識は必ず得ることが出来るでしょう。

ある程度試験対策や勉強をするためのコツなどが身についたようであれば、
1ヶ月だけ学校に通って、その後からは独学で勉強するのも良いと思います。

人によっては、独学で勉強した方が効率が良いこともあります。

>>>「わらをもすがる」TOEFLiBTスコア劇的アップ法
posted by mtoeic at 13:00| TOEFL独学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。