超低価格TOEIC教材
今、TOEIC受験者の中で評判になっている、ある教材あります。 ネットでもあちこち紹介されているのですが、TOEICスクールが 提供している、5日で150点 TOEICスコアを無理やり上げる... という教材とサービスが、たった数千円で受けられるというのです。

2011年09月23日

TOEICでのリーディング力はスコアを左右

 英語の長文を読むには一種のコツがあるのをご存知ですか?

まず、英語長文の問題文をよくよく読み、
何を問われているのか徹底的に理解する。

そうすることで、
英語長文の中にきらりと光る文章が見えてくる。

見えてくるはずです。

リーディング力をつけるには、
まず興味を持って英語長文を読める環境を作ってやることが一番で、
それ以外の方法は徹底して鍛え、
レベルを上げる努力をすることです。

一般的にリーディング力を上げるためのものをまとめましたので、ご覧下さい。

TOEICのためには、
リーディング力を付ける必要もあります。

TOEICの試験では、総合的な英語力をテストされますから、
会話が出来ればいいというものでもなく、
筆記が出来ればいいというものでもなく、
文法が正確ならいいというものでもありません。

その中には、リーディング力も含まれています。

リーディング力・・・つまり、読解力を高めるためには、
ともかく多くの文章を読むことですね。

日本人の一定以上の年齢の方の間では、
むしろリーディング力が一番強いという人も多いと思います。

でも、最近では、英語授業の方針も会話中心へと変わってきていますから、
リーディング力が弱い人も多いようです。

日本語の読解力を付ける方法としては、
「新聞をたくさん読むと良い」と言われます。

しかし、英字新聞を読むのは初心者には案外ハードルが高いものです。

もし、英字新聞を読めるようなら、
ぜひ新聞を読んで欲しいと思いますが、
それが難しい場合には、子供向けの絵本などから始めるとよいでしょう。

また、英語力が余り無いのに、
ハリーポッターの最新刊を少しでも早く読みたい一心で
英語版を購入した人が国内でもたくさん出ましたが、
そんな風に興味のある小説を頑張って読んでみるというのも、
とても良いことでしょう。

自分の興味がある本ならば、
多少難しくても辞書片手に必死に読もうとするからです。

新聞の経済面など、読んでもつまらない・・・という人でも、
漫画や小説なら頑張ってみようと思える人も多いはずです。

リーディング力を付けるためには、
興味を持って読めるものを使うのが、一番上達につながります。
posted by mtoeic at 17:45| TOEIC リーディング力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。