超低価格TOEIC教材
今、TOEIC受験者の中で評判になっている、ある教材あります。 ネットでもあちこち紹介されているのですが、TOEICスクールが 提供している、5日で150点 TOEICスコアを無理やり上げる... という教材とサービスが、たった数千円で受けられるというのです。

2011年09月23日

TOEICはリスニング力をつければ

 英語のリスニング力をつけるには、
スピーキングの力をつけるに限ります。

話すことができないのに、
聞き取ることはできるはずがありません。

では、どのようにしたら、英語を話せるようになるのか?

簡単です。自分の思いを英語を介して喋るだけです。

では、具体的にはどのようにしたら、
英語を喋るのに、多くの単語は必要ありません。

ただ、基本的な動詞の使い方を身に着け、
そのうえで、名詞などを単語を覚え、使っていきます。

そうすればスピーキングの力はつきます。

一般的にリスニング力をつけることについてまとめましたので、ご参考に!

リスニングのレベルアップには、
本物の英語を少しでも多く聞くことが重要であることは言うまでもありません。

ですから、やはり外国人教師に教えてもらえるような
教室に通うのは有利と言えるでしょう。

とはいえ、英会話ができること=TOEICの点数が上がるではありません。

例えば、イギリス人やアメリカ人は英語が話せますから、
TOEICで満点取れるか?といえば、
必ずしもそうではありませんよね。

日本人である私たちが、
国語のテストで満点を取れるとは限らないのと同じです。

ただ、リスニング試験では、英会話力が強いほど有利です。

でも、聞き取れても、内容が理解できなければ意味がありませんよね。

つまり、知らない単語が沢山あったのでは、
聞き取れたとしても内容を理解出来ないということです。

そのため、過去問題を目で読んでみるというのも大切です。

読んで理解できなければ、聞いても理解できるはずがないのですから。

練習法としては、まず問題を読んで理解できるようにしたり、
少しでも多くの語彙を増やし、日常会話で出てくる単語は網羅できるようにします。

その上で、聞いた瞬間に内容が理解できるよう、
会話のスピードに慣れる訓練をするのです。

CDやDVD教材などもありますから、
そういったものを利用して、繰り返し聞く訓練を積みましょう。

海外映画やドラマのDVDなどを利用するのも、
「聞いて理解する」訓練には最適です。
posted by mtoeic at 17:41| TOEIC リスニング力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。