2011年10月05日

TOEICの概要

社内公用語を英語にした会社として楽天などが思いだされます。

そして、会計・税務の世界でも全世界共通会計がもうすぐそこに来ています。

英語ができるのが当たり前。

そんなビジネス界ではTOEICのスコアはさまざまな目安になります。

では、TOEICの概要をお話しします。

そもそも、TOEICとは、一体何なのでしょうか?

TOEICとは、Test of English for International communicationの略称です。

英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価するテストで、世界共通です。

現在では、世界約120ヶ国で実施されています。

テストと言えば、合格か不合格で評価することがほとんどですが、
TOEICには合否がありません。

10点から990点までのスコアで評価されます。

評価の基準は常に一定で、これにより自分の英語能力を正確に把握することが出来ます。

そのため、独自にスコアの目標を設定し、それに向けて学習することが可能なのです。

TOEICのテストでは、リスニングとリーディングで受動的な能力を測定し、
スピーキングとライティングで能動的な能力を測定して、
総合的な英語のコミュニケーション能力のレベルを測定します。

リスニングは、45分100問のマークシート方式で、
リーディングは75分100問のマークシート方式です。

では、TOEICって、受けることで何の役に立つのでしょうか?

TOEICは個人の英語コミュニケーション能力を、
第三者が知るのに手っ取り早い方法です。

利点として、主に下記のようなことが挙げられます。
・会社での新入社員の評価や海外出張や赴任の基準になる。
・会社での昇格や昇進の条件になる場合がある。
・就職活動でのアピールポイントになる。
・推薦入試を受けることができる。
・海外留学をするときに役立つ。
タグ:TOEIC
posted by mtoeic at 16:06| TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

TOEIC試験前日と、当日

TOEICだかではなく、ほかの資格試験でもそうですが、
試験前日と試験当日の過ごし方で大きな違いが出てきます。

忘れ物して、精神的に良くなかったり、
健康を害していたりすると大変。

では、TOEIC試験前日と当日について説明します。

一生懸命勉強して、ついにTOEICのテストの日がやってきました。

今までの勉強の成果を充分に発揮できるように、
試験当日は万全な体制で挑みたいものです。

TOEIC試験前日
・試験場までの道順の確認をしておきましょう。
  電車に乗る場合は、路線図を確認しておきます。
・持ち物を揃えます(受験票・鉛筆・消しゴム・鉛筆削り・腕時計など)。
・早く寝て、翌日の試験に備えるようにしましょう。
・決して徹夜しないようにしましょう。

TOEIC試験当日
・試験の3時間前には必ず起きるようにします。
・朝ご飯はしっかり食べるようにしましょう。
・試験会場には時間に余裕を持って行くようにします
 (早めに家を出るようにしましょう。
  最低でも1時間前に会場に着くように計算して家を出るのが理想です)。
・移動中は携帯型のミュージックプレイヤーなどで、
  英語の耳慣らしをしておくと良いでしょう。
・試験場についたら、必ずトイレの位置を確認しておきましょう。
・試験前には一度トイレを済ませておく方が無難です。
・試験中は、途中で分からない問題があっても決して焦らないようにします。
・分からない問題でも、必ず答えを埋めるようにしましょう。

基本的に、この心構えはTOEICのみでなく、
すべての試験において同じことが言えます。

あとは自分の力を信じて、試験に全力で挑むだけです。

そうすれば、きっと良い成果が得られることでしょう。
タグ:TOEIC
posted by mtoeic at 16:39| TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

TOEIC海外ドラマや洋楽で勉強するのは有効?

TOEICのために、
海外ドラマや洋楽で勉強しようと思っているあなた。

それらは果たして勉強になるのでしょうか?

有効な学習法と言えるのでしょうか?

残念ながら、洋楽の場合は、YESともNOとも言えません。

何故なら、聞く音楽の種類によっては、
正しい発音ではなかったり、
正しい言葉づかいではないことが多いからです。

それは日本の楽曲でも言えることですよね。

とは言え、好きな音楽や、
好きなアーティストの楽曲を覚えて、
その意味を理解しようとするのは一つの勉強法としては有効と言えるでしょう。

英語は、やはり楽しみながら覚えるのが一番身に付きやすいのです。

そういった点で、
海外ドラマや海外映画で英語を覚えるというのは
とても有効と言えます。

海外ドラマや映画の場合、日本でも同じですが、
「標準語」が使われます。場面によっては、
演出効果の一環で方言などが使われるケースもありますが、
基本的に誰にでも通じる標準語が使われていますから、
映画やドラマは日本人でも聞き取りやすく覚えやすいでしょう。

また、ビデオの時代と違い、
DVDやブルーレイを利用すれば、
主音声・副音声・字幕を自由に組み合わせることができます。

英語で聞き取りながら、
英語の字幕を出してリスニングを目でも確認する・・・
といった使い方もできますね。

それに、日本語の吹き替え音声にして、
意味の確認をするといった使い方もできるのです。

ドラマや映画は、本人がその内容を理解したいと思う気持ちが強く働きますから、
とてもよい教材と言えるでしょう。
posted by mtoeic at 18:07| TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。