2011年10月24日

TOEFL伸び悩み

継続は力なりとよく言われたものです。

継続することで、以前気づかなかったところが見えてくる。

それに、継続すると、だんだん、そのテーマの全体像が見えてくる。

そうなればしめたものです。

では、TOEFLで伸び悩んだときについてお話しします。

それなりに長い間、勉強をし続けていると必ず、
なかなかスコアが伸びず、しかも、どうすればスコアを伸ばすことが
出来るのかと壁に当たることがあると思います。

どんなに勉強してもスコアが伸びないと、
やる気や集中力もなくなってしまいますよね。

そうならないために、
スコアを伸ばすための勉強方法を今回はご紹介出来たらと思っています。

まずは、制限時間を設けて、模擬試験の練習を何度も行ってみましょう。

何度も繰り返していくうちに、その中にわからない単語が少し入っていたとしても、
なんとなくニュアンスで問題の内容を掴めたりすることが出来るようになってしまうんです。

一度模擬試験を行ったら、必ず答え合わせをして、
自分が間違った問題を記録しましょう。

これを何度も繰り返していけば、
自分自身がいつもどのような問題でミスしてしまうのか、
どの分野が苦手なのかがわかるようになっていきます。

自分の弱点だけでなく、問題の出題傾向も見ることが出来るようになるので、
実践でも必ず役に立つでしょう。

弱点ばかり見続けていると、自信を失ってしまって、
やる気も落ちてきてしまうようであれば、
自分が得意な分野を更に伸ばしていくような勉強方法をとってもいいかもしれませんね。

やる気がなくなってしまったからと言って、
TOEFLの勉強から離れてしまうと、
やはり離れてしまった分だけスコアにも影響が出てしまいます。

TOEFLは簡単にスコアが伸びるものではないので、
とにかく継続して勉強し続けることが重要なのです。

>>>「わらをもすがる」TOEFLiBTスコア劇的アップ法


ラベル:TOEFL
posted by mtoeic at 13:48| TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。