超低価格TOEIC教材
今、TOEIC受験者の中で評判になっている、ある教材あります。 ネットでもあちこち紹介されているのですが、TOEICスクールが 提供している、5日で150点 TOEICスコアを無理やり上げる... という教材とサービスが、たった数千円で受けられるというのです。

2011年09月23日

TOEIC海外ドラマや洋楽で勉強するのは有効?

TOEICのために、
海外ドラマや洋楽で勉強しようと思っているあなた。

それらは果たして勉強になるのでしょうか?

有効な学習法と言えるのでしょうか?

残念ながら、洋楽の場合は、YESともNOとも言えません。

何故なら、聞く音楽の種類によっては、
正しい発音ではなかったり、
正しい言葉づかいではないことが多いからです。

それは日本の楽曲でも言えることですよね。

とは言え、好きな音楽や、
好きなアーティストの楽曲を覚えて、
その意味を理解しようとするのは一つの勉強法としては有効と言えるでしょう。

英語は、やはり楽しみながら覚えるのが一番身に付きやすいのです。

そういった点で、
海外ドラマや海外映画で英語を覚えるというのは
とても有効と言えます。

海外ドラマや映画の場合、日本でも同じですが、
「標準語」が使われます。場面によっては、
演出効果の一環で方言などが使われるケースもありますが、
基本的に誰にでも通じる標準語が使われていますから、
映画やドラマは日本人でも聞き取りやすく覚えやすいでしょう。

また、ビデオの時代と違い、
DVDやブルーレイを利用すれば、
主音声・副音声・字幕を自由に組み合わせることができます。

英語で聞き取りながら、
英語の字幕を出してリスニングを目でも確認する・・・
といった使い方もできますね。

それに、日本語の吹き替え音声にして、
意味の確認をするといった使い方もできるのです。

ドラマや映画は、本人がその内容を理解したいと思う気持ちが強く働きますから、
とてもよい教材と言えるでしょう。
posted by mtoeic at 18:07| TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOEICで900点以上取った

 TOEICで980点取った網野智世子さん、
TOEICで990点を取った潮田耕一さん。

TOEICで良いスコアを取る前に
きちんとした英語勉強法をしたかどうかで、
TOEICのスコアは天と地ほどの違いが出てきます。

英語の根幹を理解し、
その枝葉である単語などを覚え使えること。

単語をただ単に覚えるだけでは
英語力は一向に上向くことはありません。

使える単語を覚えることこそ重要です。

一般的なTOEICの試験を受ける上で大切なことをまとめましたので、ご覧下さい。

TOEICでは、文法力・リーディング力・リスニング力・会話力など、
英語力全般がテストされます。

900点以上取るには、
不得手な分野があったのではまず無理です。

少しでも多くの単語を覚えて、英語の語彙を増やすことが、
一番最初に必要なことになります。

読んでも理解出来ない単語があったのでは、
リスニングで聞き取れるわけがありません。

また、会話力でも、より適切な単語を選ぶことができないでしょう。

少しでも多くの単語を覚え、
そして、正確な文法を覚える必要があるのです。

会話では文法が無視されがちですから、
もし、あなたが英会話が得意だったとしても、
話をする事はできても文法が理解できているとは限りません。

上記は、それこそ一昔前の英語のテスト勉強ですね。

さらに、リーディングで内容を瞬時に理解する読解力や、
リスニングで正確に内容を理解する聞き取り能力を
ほぼマスターできなければならないでしょう。

TOEICで900点以上取るということは、
ネイティブスピーカーにはかなわないものの、
英語圏で生活する分にはほとんど支障がないだろう・・・
というレベルを身につけるということです。

読み書きは当然として、
会話も発音も正確にスムーズにできる状態であるわけです。

余程珍しい言葉や専門用語でなければ、
わからないということがないくらい、
豊富な語彙で自由に英語での会話ができるレベルといえます。

1日○分の勉強で900点・・・などという広告文句に振り回されず、
ともかく一つでも多くの単語を覚え、読解力・会話力を身につける努力が必要です。
posted by mtoeic at 18:04| TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOEICでスコアアップの参考書と問題集

 TOEICの参考書選びは大変です。

あなたがTOEICで何が一番できないかを
理解するところから参考書を探してみてはと思います。

リーディングなのか、ヒアリングなのか、それとも?

英語を理解しようとする方向性で
参考書は問題集は決まります。

あなた次第で参考書や問題集はいらないかも知れない。

TOEICのスコアを上げることは、確かにあるのです。

そのコツさえつかむとあなたはTOEICで点数を稼ぐのは簡単なのです。

参考書選びはたいせつなので、
時間を掛けて選びましょう。

ただし、書店に売られているのだけではない事も頭に入れておいてください。

TOEICの試験を受けようと思ったキッカケは何でしょう?

多くの場合は、就職活動などを見据えた一つの資格のような
捉え方で受ける人が多いのではないでしょうか?

ですから、多くの場合、その目標となる点数が設定されていると思います。

それに向けて勉強するわけですが、
専門の学校に通ったのでは、お金も時間も掛かってしまいますから、
自分で参考書などを利用して勉強する人も多いですね。

参考書や問題集は大変沢山の種類が出版されていて、
毎年毎年新しいものも増えています。

そんな中で、どんな参考書や問題集を選ぶべきなのか、
本当に迷ってしまいますよね。

正直な話、「これが一番!」と言えるような参考書や問題集は存在しません。

それは各人のレベルによって、
全く変わってくるからです。

同じ問題集でも、Aさんには難しすぎ、Bさんにはピッタリで、
Cさんには簡単すぎるといった違いがありますから、
誰にでもピッタリといった物は存在しないのです。

そのため、まずは自分の英語力レベルにあったものを
探すということになります。

本来は手にとって、中を見ながら選んで欲しいものです。

自分に理解できるような内容かを確認することは重要ですね。

一般的に、参考書や問題集は、簡単なところから始まって、
徐々に難易度が上がっていきます。

一番最初の方のページは一番簡単なレベルで、
最後のページでは難易度が高くなっているはずです。

つまり、最初の方のページを見て、
自分のレベルと照らし合わせて選ぶのが一番と言えるでしょう。
posted by mtoeic at 17:49| TOEICの参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。